外国人技能実習生受入事業

外国人技能実習制度とは

開発途上国等には、自国の経済発展と産業振興の担い手となる人材を育成する観点から、特に青壮年の働き手に先進国の進んだ技術・技能や知識を修得させようとするニーズがあります。このようなニーズに的確に応えるため、諸外国の青壮年労働者を一定期間日本の産業界に受け入れて産業上の技術・技能・知識を修得してもらう仕組みが、「外国人技能実習制度」です。

メリットは

□技能実習生にとって

技能修得と帰国後の能力発揮により自らの職業生活の改善と向上

□派遣国にとって

修得した能力・ノウハウの活用による品質管理の徹底・職場規律の徹底・コスト意識の高揚等企業の事業活動の改善や生産性向上

□受入れ企業にとって

外国企業との関係強化、経営の国際化、社内の活性化

カテゴリー:  

トラックバックURL

Copyright(c) 2010 Setouchi Tech Cooperative Association All Rights Reserved.